blog_ml_bnr.jpg

2013年06月11日

中国西安でのエピソード 2013年6月11日(火)

 お約束した通り、今回は前回の「アジア政党会議」の番外編。
【エピソード1:新札なのに偽札!?】
 成田空港を発つときに空港内の銀行で日本円で2万円ほどを中国元に両替した。受け取ったのは新札の100元札。アジア政党会議が行われた中国西安市郊外にある大規模な国際会議場のフロントで100元札を細かくしてもらおうとした。その時、フロントの女性たちは、私の差し出した100元札が偽札だと言い出した。彼女たちが持っていた古く汚れた100元札を差し出し、「透かしの毛沢東主席の顔が違う」と話しているらしかった。紙幣を受け取った時は透かしを確認するのが常だとは聞いていたが、まさか新札を偽札だと疑われるとは想像していなかった。私も確かめたが、透かしの顔は古い紙幣と私が差し出した新札とどう見ても同じだった。偽札だと疑われたのは、一般国民は“新札”を見る機会がないからだという説もあるらしい。ちなみにその100元札は西安空港や上海空港では全く疑われることはなかった。
 一方、一緒に行った菊田衆議院議員は、ものすごく古くて一部破れていた紙幣を差し出した。「それは何だ?」と言われたようだが、中国の紙幣だと説明したら、使えたようだ。どうも合点がいかない。
【エピソード2:タクシーがバスをチェイス】
 本会議でのスピーチを終えた30日の夕刻、かつての中国の都だった西安(かつての長安)の旧市街地を見にいこうとタクシー探した。会議の3日前、在京の中国大使館の方が「旧市街地は見た方が良い」と言っていたからだ。会場の敷地には公用車しか入れない。そのためタクシーはいなかったが、幸い、会場の斜め前にタクシーが何台も停まっているガソリンスタンドがあった。菊田議員は中国語ができるので、行き先を告げて乗ろうとしたが、次から次に断られた。いわゆる乗車拒否。運転手の交代時間に当たったようだ。市街地まで30分くらいかかるらしい。距離の遠い利用者は乗せてくれない。勤務交代の時間なので、自分が戻るべきタクシー会社より遠いところには行きたくないという。運良く(!?)、一人が市街地行きのバスの停留所まで送ってくれた。前を走っていたバスをタクシーが追いかけた。なかなか追い越せない。次のバス停でやっとバスの前にタクシーを滑り込ませバスの発車を遮った。が、バスの運転手が扉を開けてくれなかった。仕方なく次のバスを待った。やっと乗れたバスは古くて乗降扉が壊れていた。かなり危険だった。車内の案内は中国語のみ。行きたい場所で降りることができるか不安だった。目的地まで約30分間、緊張が続いた。
 
 2泊3日の中国訪問だったが、他にも色々とエピソードはある。しかし、旅にハプニングがつきもの。危険な目に遭わなければ、それはそれで良い経験だ。
posted by 藤本祐司事務所 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

アジア政党会議に出席 2013年6月6日(木)

 先月5月29日(水)から31日(金)、中国の西安市で開催されたアジア政党会議(ICAPP)特別会議に参加した。民主党からは私と元外務大臣政務官の菊田真紀子衆議院議員の2名。自民党2名、公明党と共産党からそれぞれ1名が参加。私たち2名は29日の夕刻に会場に到着し、20時(日本時間の21時)から中京中央対外朕絡部の袁智兵副局長と面談し、その後21時から23時まではICAPP常任委員会に出席。袁副局長とは、民主党と中国共産党との今後の交流活動方針について40分程度話し合った。常任委員会では今回のICAPP総会の決議文の精査と今年開催予定のICAPPの各種会議の内容の説明を受け、自由に意見交換した。
 翌日は、中国の李源朝中国国家副主席と各国代表団との面会と記念写真撮影に始まり、午後から本会議が開催された。私は本会議で8分間のスピーチを行った。今回の特別会議のテーマは「緑の発展の推進。美しいアジアの構築」。日本のこれまでの取り組みやアジアでの役割、中国への技術・ノウハウの提供などによる支援策などを紹介した。通訳は英語と中国語のみ。よって、会議もスピーチも英語。ちょっとたいへんだった。
■本会議でスピーチする藤本
 私は国際局長という立場でICAPP特別会議に出席した。他国の常任委員会のメンバーとは議長を除き初対面。一方、各国委員同士は顔見知り。総理が毎年替わると国際会議では「初めまして」から始まるという問題がたびたび指摘されているが、総理・閣僚レベルでなくとも一般の議員レベルでも担当がころころ替わっていては、相互の信頼関係は築けない。日本の外交下手という指摘は案外こんな個人的つながりの希薄というところにあるのかもしれない。
 私としては、常任委員会で突然意見を求められたり、本会議でスピーチをしたり、古都西安(かつての長安)のほんの一部であったが垣間見ることもできたり(自由時間はわずか3時間程度)と、良い経験ができたと思っている。色々のエピソードもあるが、長くなるのでそれは別の機会に“番外編”として紹介しようと思う。
 
posted by 藤本祐司事務所 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

2013年5月10日:本会議質問

本日、本会議において社会保障・税番号制度法案、通称「マイナンバー関連法案」について、安部総理大臣と甘利国務大臣に質問しました。この法案は、昨年民主党政権下で提出されていましたが、当時の野党の協力が得られず、国会で審議することなく、衆議院解散とともに審議未了で廃案となっていました。
安倍政権に変わり、自公民3党実務者での修正協議を踏まえて法案が提出され、番号制度の基本理念、国、地方公共団体の責務、事業者の努力規定、個人番号カードの利用、情報提供ネットワークシステム等の安全性の確保について修正を加えています。今後、内閣委員会において審議がされます。
20130510 101100.JPG  20130510 102255.JPG

posted by 藤本祐司事務所 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: フォトライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

アラブ連盟加盟国の大使と意見交換 2013年4月12日(金)

 本日10時から30分間という短い時間ではあったが、党の国際局長として在日アラブ外交団の方々10名と意見交換を行った。在日アラブ外交団とは、中東・アフリカ地域のアラブ諸国のうち、日本国内にある19の国と1つの地域の大使館あるいは駐日代表部が組織しているグループである。現在はパレスチナ総代表部大使がこの外交団の団長を務めている。
 これまでアラブ諸国というと、オイルやガスといった資源外交が主であったが、近年はアラブ諸国の民主化への動きに対する人道的支援や日本企業の進出と技術支援などによる交流が盛んになっている。一方で、政情不安定な地域も多く、日本人が危険にさらされる場面も増えている。日本からみると中東・アフリカは、最もアクセス性が悪く、距離的にも意識的にもまだまだ遠くの国といった感は否めない。
 ただ、民間・個人レベルでは、アラブ諸国の古代文明に触れる旅行が中高年を中心に広がっていたり、サッカー国際試合を通じてアラブ諸国を訪れる若者もおり、草の根レベルでの交流は以前よりは活発になっているようだ。
 お互いにお互いを理解するには、政治レベルだけでなく、民間・個人レベルの交流が活発になることが必要だ。グローバル化が進み、世界は小さくなったといってもまだまだ遠い国々。民主党という政党で何をすれば距離感が縮まるかを考えてみる必要を感じた本日の意見交換であった。
posted by 藤本祐司事務所 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

Vol.153 活字に触れる

 最近、少し私の生活時間が変わった。というよりも半ば意図的に変えている。そのきっかけは昨年末の総選挙である。総選挙後しばらくは新聞を読みたくなければ、テレビのニュースも見たくなかった。もともと私はラジオ派なので家にいるときはラジオか音楽CDのどちらかをかけているのだが、総選挙後はその傾向がますます強くなった。今でもよほどのことがない限り、テレビでニュースを見ない。私的にはテレビの娯楽番組は質が低下していると感じているので、いきおいテレビはほとんどつけなくなってしまった。見るとすれば、芸術や美術、海外の旅の番組、海外の音楽コンサートくらいか。BSが多い。
 では、今までテレビを見ていた時間は何をしているかと言えば、音楽をかけながら本を読んでいる。読書にかける時間とお金は増えた。活字に触れる効用は、私が語るよりも斎藤孝氏の「読書力」と成毛真氏の「面白い本」などを読んだ方が良いだろう。
 
 かなり以前から私は一冊を読んでから次の本に移るという読み方をしていない。今、議員会館の机の横に毛色の違う本(仕事に直結する本がほとんど)を積んである。鞄の中には文庫本か新書が1冊。時には英語のペーパーバックも入れている(これは英語に親しむためだけの理由)。家にはベッドの横に2冊。さらに最近はiPadに電子書籍を数冊ダウンロードしてある。これらを気分に応じて読み分けている。一日のうち、最低でも違う本を5冊程度は常に手にしていることになる。
 最初から最後まで完全読破する本は、文学作品を除くとたぶん3冊か4冊に1冊程度だ。3分の2から4分の3ほど読んだら読んだことにしてしまう。特に章ごとに完結しているような本の場合は興味ある章しか読まない。そのため、10分の1程度読んでおしまいという本もある。全部読もうとするとプレッシャーがかかり、本を開くのに躊躇する。そこで、ページを開く前から著者の意図さえつかめればそれで良しと割り切っている。

 帰宅後はテレビを見ないで音楽を聴きながら本を読む。このパターンにしてから、なんとなく心穏やかにベッドに入ることができるようになった。ただ、就寝前に難しい本を読む場合、そのまま夢の中へと入り込む時は良いのだが、その難しい本にのめり込むと頭が冴えてしまいなかなか眠りにつけなくなるから始末が悪い。やはり就寝前は軽い短編が良さそうだ。今、私のベッドの横には藤沢周平氏の小説が置いてある(2013年4月5日)。
posted by 藤本祐司事務所 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。