blog_ml_bnr.jpg

2009年07月29日

Vol.113 民主党マニフェスト  

 7月27日(月)、わが民主党の鳩山代表は総選挙に向けて政権公約(マニフェスト)を発表した。会場には500人以上の海外メディアを含め報道関係者が詰めかけ、その注目度の高さを改めて認識した。

 2003年11月の総選挙からマニフェスト(政権公約)を載せた冊子の配布が解禁された。前三重県知事の北川正恭氏(現早稲田大学大学院教授)らは、数値目標や実現までの工程表、予算などを明確に示すマニフェストで選挙を戦うこと提唱したのである。それ以降、国政における政党だけでなく、地方自治体の知事や市町村長も選挙の時にマニフェストを有権者に示すようになった。

私は、参議院議員になる前のUFJ総合研究所の研究員の際に北川氏と一緒にマニフェストの調査研究をして、「ローカル・マニフェストによる地方ガバナンス改革(ぎょうせい)」をUFJ総合研究所の複数の研究員と共著で出版した。あれから6年。今では多くの国民の関心やマスコミの姿勢に大きな変化が現れた。マニフェストの中身が投票行動に影響するようになってきたのである。
 今回も、民主党が発表した直後からマスコミからは評価と批判がたくさん寄せられている。たいへん好ましいことである。マスコミ、政治評論家、シンクタンク等がマニフェストを話題にすればするほど、国民は各党の政策に触れる機会が増える。時折、政策の本質を理解しないままに発言するコメンテーターもいるので困る時があるが、その際は党として明確に反論する必要はある。

 ところで、自民党は政権政党でありながら、まだマニフェストを発表していない。また、政権政党としては約4年前に提示した郵政解散の時のマニフェストを検証することも重要である。言いっぱなしではいけない。
郵政解散時に示したマニフェストの進捗や達成率、達成した政策による社会への影響等を明確に示した上で、次期総選挙のマニフェストを示すことが筋である。残念だが、自民党はまだマニフェストの本質を理解していないようだ。
 
マニフェストを示して政権を取った政党は粛々とマニフェストで示した政策を実行に移せば良い。野党や官僚の抵抗はあることは承知であるが、本来は国民の選択として政権政党が決まったのである。それ故、野党も官僚も与党のマニフェストの遂行の邪魔をしてはいけないのだ。その政策の実行こそが国民の意思だからだ。一方で、マニフェストに示していなかった政策には大いに反対しても良い。そもそも総選挙で約束していなかった新たな政策であるからだ。

いよいよマニフェストによる選挙も次の段階に入った。2003年はマニフェストを作成して提示することに意義があった。2009年はマニフェストの中身が有権者の判断基準になり、政権政党は国民の意思に従って政策を実行する段階へと進化した。本格的マニフェスト選挙の時代のスタートラインに立ったような気がする。次は、国民自身がマニフェストで示された政権政党の政策の結果を評価、検証した上で、次の選挙のマニフェストを判断する段階である。いよいよ政策中心の選挙の時代がやってきた。(2009年7月29日)

posted by 藤本祐司事務所 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124530071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。