blog_ml_bnr.jpg

2009年10月23日

vol.119 決して難しくはなかった予算の見直し

  先週、来年度の概算予算要求の見直しが終わってほっと一息した。国会議員を含めて多くの方から「たいへんだったでしょう。」とか「国土交通省はよくあそこまでカットしたね」とお褒め(!?)の言葉を頂戴した。高速道路の無料化にかかる費用や国直轄事業の地方負担のうち維持・管理費を国費でまかなうとしたため、最終的には前年度より約1,700億円の減にとどまったが、前年度と同じ前提であれば9,320億円の削減だ。
 たしかに国土交通省の担当業務は多岐にわたっている上、事業の数が多いので作業量はべらぼうに多かった。その点、たいへんだったことは否定しない。しかし、私の場合、難しい作業だったかといえばそうでもなかった。別に自慢しているわけではない。その理由はこうだ。

  私を含め国土交通省の政務2役(副大臣と政務官)は全員が民間企業出身者である。私は約21年民間企業に勤め、一応管理職も経験している。要するに利益が少ないときは少ないなりに経費はカットするという当たり前のことを経験してきている。いかに効率性を高め、付加価値を高めていくかが問題だ。無駄な経費をいかにカットするかを常に意識して仕事をしてきた。その代わり、必要な事業や成長が期待できる事業には多少無理をしてでも投資をする場合もある。やる価値がある事業には1億円を投資しても、100円でももったいない。ケチだからではなく、1円の利益を生むことがどれだけたいへんなのかを知っているからである。民間企業出身の私たちには、こうした感覚が身についている。その点が多くの官僚と私たちが決定的に違う点だと予算見直し作業をしていて気がついた。
  環境が人を作るというが、官僚組織という環境が官僚の思考経路を変えてしまったのではないだろうか。特に財務官僚にその傾向が強いようだ。私は全体の予算を10〜15%カットする代わりに成長が期待できる予算は最低でも現状維持、場合によっては増額した。例えば、観光予算は、昨年の4倍に増やし、予算のメリハリをつけた。前原大臣も観光は国土交通省の成長戦略の一つと断言している。私も同感だ。
  しかし、それに対して、財務官僚は「4倍はとんでもない。」と言っているようだ。あきれてしまうのは、もともと少ない観光予算の中身を見ずして、『4倍になった』という理由だけでけしからんという財務官僚だ。本当にけしからん。これまで長年にわたってこんな財務省の馬鹿げた査定の末に予算が組まれ、各省庁も前年度の予算をベースにしてきたから日本の成長は止まってしまったのだろう。戦略性の全くない予算編成から脱しなければいけない。民主党政権は、政治家が官僚に丸投げしてきた自民党政権の歴史を変えようと戦っているのである。(2009年10月23日)
posted by 藤本祐司事務所 at 08:44| Comment(3) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルモニコスの秋山です。

今、アトランタ空港からです。

お久しぶりです。国土交通省の皆さん、いい仕事していますね。

前畑・・じゃなくて前原がんばれ、馬淵がんばれ、藤本がんばれ!!って、毎日叫んでいます。

日本の国土とアクセスのあり方については私もブログで少しずつ書いてみたいと思います。

新しい記事が出きたら、またご連絡します。

ではでは。

Posted by 秋山雅弘 at 2009年11月04日 21:59
なるほど、政治家が官僚に丸投げしてきたんですね。
Posted by あし at 2009年11月06日 09:44
この内容は本音でしょうか?
本音でしたら正直がっかり致します。
9,320億円の削減として、予算から何割の削減ですか?来年度の税収はどれだけ減ると予測しておいでですか?それをわかって、このタイトルだとすると疑問がわきます。
苦情?はひとまず置いておき、必要な支出もあると思います。成長に必要な支出は増やして頂いても何の問題も無いと思います。成長戦略等の無い政権ほど厄介なものは無いですから。支出の意図の明確化と、その支出の効果目標なども是非、はっきりさせていただければと思います。
正直ニュースで削減ばかり聞くと不安になってしまいます。極端な話し、5億円財政支出が増えても、6億円税収が増えれば何の問題も無いはずです。失業者が増えて、生活保護に支出とか、先々に成長にならない、支出が膨れかねない状況は何とかしていただきたいと思います。(生活保護が不要と思っているわけではございませんが、使わなくて済む状況を作る方が大切だと思っております。)
今は政権与党なんです。もっと気を引き締めて、国のため、ご尽力くださればと思います。
たかだか30代の会社員の戯言でございました。
Posted by 青 at 2009年11月07日 14:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。