blog_ml_bnr.jpg

2012年12月03日

官邸訪問 2012年12月3日

 副大臣としての私の業務の約9割が岡田副総理の業務である。行政刷新、行政改革、社会保障と税の一体改革、公務員制度改革など。副総理はたいへん合理的な考えの持ち主。私も合理的な考え方で仕事を進めるから、その点は副総理と合っているのかもしれない。岡田副総理が内閣府などの官僚(事務方)から説明を聞いたり指示をしたりする時、私はほぼ毎回同席をする。そのため、たびたび官邸の副総理室に行くことになる。私の事務所は合同庁舎4号館といって官邸とは別の建物にあるため、外から官邸に入ることになる。
 官邸に入ると、マスコミの記者たちが駆け寄ってきて、「どちらに行かれますか」「どんな用件ですか」と聞いてくる。「副総理」「打合せ」と答えてエレベーターに乗り込むのが常だった。ところが、一日に数回(多いときは一日5回)、ほぼ毎日、副総理室に行くので、副大臣就任後1カ月ほど経ったところでマスコミは、「いつものところですか」と聞くようになり、何の用件かをきかなくなった。さらに最近では遠目で私がエレベーターに乗り込むのを確認するだけで駆け寄ってこなくなった。
 某テレビ局の記者が言った。「藤本さんが官邸の住人以外で官邸に入る回数は圧倒的に多いです。」と。ちなみに官邸の住人とは、総理、副総理、官房長官、官房副長官と首相補佐官のことを指す。
 
 明日12月4日から総選挙が始まる。副総理も全国行脚をすることになるだろう。そうなると、私は留守番要員になる。衆院が解散になっても内閣や政府は動いているし、危機管理のために政務3役の誰かは東京に残っていなければならないからだ。副総理が地方に出掛けていったら、官僚からの説明に同席することもなくなる。そんな時は、やはり官邸の留守番要員の同期の芝博一官房副長官の部屋に時々顔を出すことにしようかなと考えている。
posted by 藤本祐司事務所 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。