blog_ml_bnr.jpg

2013年02月27日

ICAPP議長とイエメン研修団との面談・交流 2013年2月27日(水)

 まずは昨日(2月26日)の11時からのこと。約1時間、党本部でアジア政党会議(The International Conference of Asia Political Parties ― ICAPP)の共同議長である韓国のチョンウィヨン議員と面談した。アジア政党会議は2000年に設立され、60ヶ国が参加し、うち選挙で議員が選ばれている51ヶ国、700の政党が参加している団体である。うち22ヶ国が常任委員会メンバーとなっており、日本では民主党と自由民主党が常任委員会に属している。今年度は民主党の国際局長という立場から私が常任委員となる。4月にベトナム、11月にトルコで常任委員会が開催される予定となっており、共同議長から是非とも常任委員会へ出席するように要請を受けた。その他、いくつかの要請を受けたが、与党自民党とも相談しながら、アジアにおける日本のポジションを確保、拡大していくために何ができるかを考えて対応していくことになる。

 次に同日の14時から15時までの1時間、中東のイエメンからODA事業として日本に研修に来られている政府の方々12名と意見交換をした。意見交換といっても民主化の度合いが違うので、専ら先方からの質問に私たちが答えるという形で進んだ。
 イエメンといっても名前は聞いたことがあるが、どんな国かピンと来ない方もいると思う。早速地球儀か地図帳で場所を確かめて欲しい。イエメンは、サウジアラビアの南に位置するが、サウジとは異なり、石油などの地下資源にも恵まれずアラブ諸国の中の最貧国と言われている。ソマリア沖の海賊が国際的問題になっているが、そのソマリアの対岸に位置する国である。チュニジアのジャスミン革命の影響を受けて2011年には反政府デモが発生し、その結果およそ30年続いたサーレハ大統領政権から2011年末にハーディ大統領による暫定政権へと移行した。ただ、治安面でおおいに問題があり、現在も退避勧告が出されたままである。そのような状況の中で、日本は約3,460万ドルを国際機関を通して支援している。
 意見交換には私と国際局副局長の大野元裕参議院議員が出席した。大野議員は、アラブ首長国連邦、カタール、ヨルダン、シリア等の日本大使館に専門調査員として勤務し、中東調査会上席研究員を経て参議院議員に2010年に当選した中東の専門家であり、アラビア語を自由に操る。大野議員に聞くと、アラビア語といっても22ヶ国語あり、かなり訛りというか方言が強く、大野議員といえども言葉がわかりやすい国とわかりにくい国があるようだ。

 と、まあ、海外諸国との面談や交流が以前と比べ頻繁になってきた。刺激になってたいへん楽しい。
posted by 藤本祐司事務所 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332311686
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。