blog_ml_bnr.jpg

2013年04月05日

Vol.153 活字に触れる

 最近、少し私の生活時間が変わった。というよりも半ば意図的に変えている。そのきっかけは昨年末の総選挙である。総選挙後しばらくは新聞を読みたくなければ、テレビのニュースも見たくなかった。もともと私はラジオ派なので家にいるときはラジオか音楽CDのどちらかをかけているのだが、総選挙後はその傾向がますます強くなった。今でもよほどのことがない限り、テレビでニュースを見ない。私的にはテレビの娯楽番組は質が低下していると感じているので、いきおいテレビはほとんどつけなくなってしまった。見るとすれば、芸術や美術、海外の旅の番組、海外の音楽コンサートくらいか。BSが多い。
 では、今までテレビを見ていた時間は何をしているかと言えば、音楽をかけながら本を読んでいる。読書にかける時間とお金は増えた。活字に触れる効用は、私が語るよりも斎藤孝氏の「読書力」と成毛真氏の「面白い本」などを読んだ方が良いだろう。
 
 かなり以前から私は一冊を読んでから次の本に移るという読み方をしていない。今、議員会館の机の横に毛色の違う本(仕事に直結する本がほとんど)を積んである。鞄の中には文庫本か新書が1冊。時には英語のペーパーバックも入れている(これは英語に親しむためだけの理由)。家にはベッドの横に2冊。さらに最近はiPadに電子書籍を数冊ダウンロードしてある。これらを気分に応じて読み分けている。一日のうち、最低でも違う本を5冊程度は常に手にしていることになる。
 最初から最後まで完全読破する本は、文学作品を除くとたぶん3冊か4冊に1冊程度だ。3分の2から4分の3ほど読んだら読んだことにしてしまう。特に章ごとに完結しているような本の場合は興味ある章しか読まない。そのため、10分の1程度読んでおしまいという本もある。全部読もうとするとプレッシャーがかかり、本を開くのに躊躇する。そこで、ページを開く前から著者の意図さえつかめればそれで良しと割り切っている。

 帰宅後はテレビを見ないで音楽を聴きながら本を読む。このパターンにしてから、なんとなく心穏やかにベッドに入ることができるようになった。ただ、就寝前に難しい本を読む場合、そのまま夢の中へと入り込む時は良いのだが、その難しい本にのめり込むと頭が冴えてしまいなかなか眠りにつけなくなるから始末が悪い。やはり就寝前は軽い短編が良さそうだ。今、私のベッドの横には藤沢周平氏の小説が置いてある(2013年4月5日)。
posted by 藤本祐司事務所 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354034004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。