blog_ml_bnr.jpg

2013年06月11日

中国西安でのエピソード 2013年6月11日(火)

 お約束した通り、今回は前回の「アジア政党会議」の番外編。
【エピソード1:新札なのに偽札!?】
 成田空港を発つときに空港内の銀行で日本円で2万円ほどを中国元に両替した。受け取ったのは新札の100元札。アジア政党会議が行われた中国西安市郊外にある大規模な国際会議場のフロントで100元札を細かくしてもらおうとした。その時、フロントの女性たちは、私の差し出した100元札が偽札だと言い出した。彼女たちが持っていた古く汚れた100元札を差し出し、「透かしの毛沢東主席の顔が違う」と話しているらしかった。紙幣を受け取った時は透かしを確認するのが常だとは聞いていたが、まさか新札を偽札だと疑われるとは想像していなかった。私も確かめたが、透かしの顔は古い紙幣と私が差し出した新札とどう見ても同じだった。偽札だと疑われたのは、一般国民は“新札”を見る機会がないからだという説もあるらしい。ちなみにその100元札は西安空港や上海空港では全く疑われることはなかった。
 一方、一緒に行った菊田衆議院議員は、ものすごく古くて一部破れていた紙幣を差し出した。「それは何だ?」と言われたようだが、中国の紙幣だと説明したら、使えたようだ。どうも合点がいかない。
【エピソード2:タクシーがバスをチェイス】
 本会議でのスピーチを終えた30日の夕刻、かつての中国の都だった西安(かつての長安)の旧市街地を見にいこうとタクシー探した。会議の3日前、在京の中国大使館の方が「旧市街地は見た方が良い」と言っていたからだ。会場の敷地には公用車しか入れない。そのためタクシーはいなかったが、幸い、会場の斜め前にタクシーが何台も停まっているガソリンスタンドがあった。菊田議員は中国語ができるので、行き先を告げて乗ろうとしたが、次から次に断られた。いわゆる乗車拒否。運転手の交代時間に当たったようだ。市街地まで30分くらいかかるらしい。距離の遠い利用者は乗せてくれない。勤務交代の時間なので、自分が戻るべきタクシー会社より遠いところには行きたくないという。運良く(!?)、一人が市街地行きのバスの停留所まで送ってくれた。前を走っていたバスをタクシーが追いかけた。なかなか追い越せない。次のバス停でやっとバスの前にタクシーを滑り込ませバスの発車を遮った。が、バスの運転手が扉を開けてくれなかった。仕方なく次のバスを待った。やっと乗れたバスは古くて乗降扉が壊れていた。かなり危険だった。車内の案内は中国語のみ。行きたい場所で降りることができるか不安だった。目的地まで約30分間、緊張が続いた。
 
 2泊3日の中国訪問だったが、他にも色々とエピソードはある。しかし、旅にハプニングがつきもの。危険な目に遭わなければ、それはそれで良い経験だ。
posted by 藤本祐司事務所 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。