blog_ml_bnr.jpg

2012年06月05日

vol. 148 世界における日本の評価が下がっている

 先月末、世界の中での日本の評価が下がっていることを示す数字が続けて発表された。一つはスイスの有力ビジネススクールのIMD(経営開発国際研究所)が発表した「世界競争力年間」の数字。もう一つは、経済協力開発機構(OECD)の国民生活の幸福度を評価した「ベター・ライフ・インデックス=BLI」である。
 
 IMDによると、日本の競争力は調査対象の59ヶ国・地域中、第27位と前年より1つ低くなった。1989年〜93年のバブル経済の後期は、日本が総合首位であったことを考えると、20年間の地位低下は誰もが認めざるを得ないだろう。
 昨年から急速に低下した分野は、エネルギーを中心とする基礎インフラ分野だ。東日本大震災時の原発事故やその後の原発停止が、エネルギー供給の不安定を招いたことが響き、基礎インフラ分野が世界32位に急低下した(昨年は20位)。
 また、「政府の効率性」、特に公的債務の水準は、なんと59ヶ国・地域中最低の59位。日本の財政の建て直しが待ったなしであることは、世界共通の認識である。欧州の財政危機以上に日本の財政状況は厳しく評価されている。ただ、まだ日本には建て直す余力があと認識されていることから、欧州ほどには不安が広がっていないことも事実である。財政建て直しに向けて消費税増税だけが唯一の方法とは言わない。ただ、世界が期待する有力な方法であることも間違いない。
 
 もう一つの数字はOECDのBLIだ。BLIは、「より良い暮らし指標」と言われる。日本は調査対象の36ヶ国中21位と昨年より2つ下がった。「安全」や「教育」は高順位であるが、「仕事と生活の調和」「生活の満足度」の評価が低かった。特に34位の評価を受けた「仕事と生活の調和」は、いわゆる働き過ぎの日本に対する評価である。労働時間の長さに加え、一日のうちで余暇・睡眠、食事にかける時間の少なさが響いている。「生活の満足度」は国民が10段階で採点した平均値が各国平均よりも0.6ポイント低く、36ヶ国中で27位となった。「自分が好きで長い時間を働いているのだから余計なお世話だ」と言いたいところだが、「生活の満足度」も低いとなれば問題である。
 同様に本年2月に発表されたOECDの調査結果だが、日本の労働生産性は加盟国34ヶ国中19位。高い高いと言われていた製造業だけをとっても世界第10位。また、労働生産性を上げる有力な方法の一つが、IT化や不採算事業の整理と労働時間の短縮・有給休暇の取得であることも世界の共通認識。であれば、経営者と労働者の双方にやる気さえあれば、労働生産性の向上はそんなに難しい話ではあるまい。そうなれば、幸福度指標(BLI)の「仕事と生活の調和」や「生活の満足度」の評価も上がっていくであろう。
(2012年6月5日)
posted by 藤本祐司事務所 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

放送番組の収集、保存に向けて 2012年5月31日(木)

 本日5月31日(木)の16時から、放送関連や著作権関連の企業や団体等を対象に、「国立国会図書館法の改正」に関する説明会を行い、国立国会図書館運営小委員長である私が改正内容について説明しました。

 改正内容を簡単に言うと、テレビとラジオの放送番組を国会図書館で収集、保存しようとするものです。国会図書館は一義的には国会議員の政治活動を支援することを目的としていますが、同時に広く国民が利用できるようにサービスを充実させています。また、図書は古いものは歴史的価値も高く、欧米の国立図書館は美術館さながらに文化的遺産として図書(古文書等)を保存しています。
現在、日本の国立国会図書館では、紙媒体(書籍、新聞、雑誌、漫画等)を中心に収集、保存し、館内で閲覧することができます。国内で出版された全ての出版物が保存されており、蔵書数は950万冊、新聞・雑誌は21万種です。

 今回の改正は、放送番組も図書と同様に文化的価値が高いと認識し、将来のためにも番組を収集、保存していこうとする改正です。文化的価値が高いか否かは個人個人判断が異なると思います。また、今価値がないと思っても将来的には価値が出る番組はあるはずです。そこで、誰か特定の人による価値判断をせずに、番組(コマーシャルを含む)を直接録画・録音し、総合的に収集、保存しようと考えています。文化を重んじるフランスやイギリスはもちろんアメリカでも放送番組の収集・保存は当たり前のように行われています。 
デジタル技術が飛躍的に発達し、家庭でも2週間遡ってテレビ番組を録画できる時代です。技術的にも費用的にも障害が低くなったことを考えると、今こそ実現するタイミングだと思います。

 ただ、本日の説明会では著作権の制限について多くの報道関係者から懸念が出されました。我々も著作権については慎重に考える姿勢ですので、出された意見は当然のことだと思っています。収集・保存した放送番組の利用を館内利用に制限し、コピーや送信(ネット送信)はさせないという制限を加えれば、法的にクリアできるとは考えていますが、本日の意見を踏まえて慎重に検討していこうと思います。
CIMG0427.JPG 約100人メディア関係者が参加

CIMG0429.JPG 国立国会図書館法の改正の説明をする藤本
posted by 藤本祐司事務所 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

vol. 147  今年もクールビズが始まる

 今年も5月1日から国会でもクールビズが始まった。従来6月1日から9月30日だったクールビズだが昨年の震災後、節電の取組みから、始まりと終わりを1ヶ月ずつ延ばした。その結果、1年の半分(半年)はクールビズになった。

 私が議員になる前に勤めていた会社では、20年前からすでに今でいうクールビズだった。私がアメリカ留学から帰国して、当時の三和総合研究所に勤め始めたのが1989年秋。当時私は千葉県浦安市に住んでおり、東西線と銀座線で新橋まで通勤していた。翌年夏の東西線の車両の冷房率は20%以下。5本に4本は無冷房の電車。冷房が効いていない上に手と足がバラバラになりそうな満員電車。当時私が考えたことは、「東京一極集中と地球温暖化は解消しなくてはいけない」だった。 
 会社に着くと服はぐっしょり。私は考えた。「上着とネクタイはやめて、ポロシャツで通勤しよう」と。行動に移した。数着の上着を会社のロッカーに置き、カバンに下着とワイシャツとネクタイを入れる。そんな通勤が続いたある日、会社に着いて早々、至急の電話が鳴り、着替える間もなく仕事に取りかかった。気がついたらお昼。「なんだ、着替える必要すらないや。」それ以来、会社にスーツとワイシャツとネクタイを置いて、ポロシャツのまま仕事を続けた。机に向かっているだけで外部の人と会わない日は、ポロシャツのままでも仕事に支障はない。気分がリラックスしているので、かえって生産性は上がる。周囲はネクタイと上着を着用している。私はきっと周りから浮いていただろうと思いつつも、気にせず続けた。そうこうするうちに誰かが声を上げたのだろうか、会社も翌々年くらいから「夏はノーネクタイ、ノージャケット」となった。
 その後、夏が問題なければ秋も冬も良いじゃないかと、結局1年を通してノーネクタイ、ノージャケットになってしまった。もっとも、お客様(私の部署のお客様は主に役所の方)に会う時だけはスーツに着替えた。ロッカーにスーツとシャツなどを一揃え置いておき、お客様を訪問する時だけ着替えた。

 私が参議院議員となった翌年の夏から国会でもクールビズが始まった。三和総合研究所でも私が入社した翌年の1990年から事実上のクールビズが始まり(私が勝手に始めたのだが)、国会も私が初当選した翌年の2005年からクールビズになった。地球温暖化が進む中で気候が変われば仕事着が変わってもおかしくない。
 ネクタイを生産するメーカーなどはクールビズに反対する方々もいらっしゃるだろう。一方で新たなビジネスも生まれていることも確かだ。下着やシャツは形も素材も一工夫されたようだ。デパートに行くとクールビズについて新しい提案が色々あるらしい。ひところはドブネズミと揶揄された男性のビジネススーツも随分とおしゃれになった。沖縄では“かりゆし”が定着したし、他にも地元の宣伝に一役買う絵柄のTシャツや浴衣地のシャツなど、地方も個性と地場産品などの特色を活かしている。
 何か新しいことをする際には、メリットとデメリットがつきものだ。何も新しいことにトライしないで沈んでしまうよりは、デメリットが多少あってもメリットに着目して新たな試みにトライすることが大切なような気がする。そうすれば、皆が自然に創意工夫をするようにもなり、想像以上の効果を生むこともあろう。たかがクールビズ、されどクールビズといったところだろうか。(2012年5月8日)
posted by 藤本祐司事務所 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

痛みの後に福が来る!? 2012年4月23日(月)

 本日は朝から健康診断。血液検査で問題がなければ良いのだが・・・。
およそ1ヶ月前のこと。朝起きたら、突然、右足の親指のつけ根に激痛が走った。「いつどこで足をぶつけてしまったのだろう。」と思いあぐねた。足を地面に着くと痛い。おかしい。参議院の医務室に駆け込んだ。先生に「痛風ですね。」と軽く言われた。「昨年の健康診断の結果を見ると尿酸値が高い。医務室に来てくれと書いてあるじゃないですか。」「えっ、痛風が出たら来いという意味じゃなかったのですか。」どうやら違ったようだ。
 痛風は贅沢病と言う。ただ、私の場合は遺伝だと思う。父親はお酒を一滴も飲めないのに尿酸値が高く、痛風になっていた。ただ、父は牛肉が好きだった。家ですき焼きをしても、父が牛肉、育ち盛りの私はシラタキと豆腐。腑に落ちなかったが、美味しい物は自分で稼げるようになってから思いっきり食べれば良いと納得していたから、まあ良い。
 参議院議員になる前から尿酸値は高かった。お酒を飲みに行くことが年に数えるほどで、ごちそうを食べることなど滅多になかったサラリーマンの時でさえも(今もさほど多くはないと思う)、尿酸値は危険水域だった。痛風の3割は遺伝だという。私もその部類であるのだろう。妻も食事のバランスにはかなり気をつけてくれていて、普通の食事をしていれば痛風なんて出ないと思っていたらこのざまだ。外食が続くといけないようだ。参った。かなり痛かったが、「歩けるからまだ軽い方だよ」と医者に言われた。

 しかし、怪我の功名といおうか、痛風が出て良いこともある。体重を少し減らした方が良いとアドバイスされた。ここ最近メタボ気味だったので体重を減らそうと思ってはいたが、思うようにならなかった。目の前に食べ物があると残してはいけないと思い、全て平らげてきた。体重が減るはずがない。運動不足も一因だった。しかし、痛風という痛みを伴うと人間頑張るものである。また、あの痛みが来るかと思うと頑張って尿酸値と体重を減らそうと努力する。
 主に野菜や海草を食べ、水分を大量(一日2リットルくらい)に飲むようになった。お酒は控える。肉もほどほどに。干物や魚卵もプリン体が多いので控える。要するに旨味のある食べ物を控えるのだ。お昼のお弁当は、生産者に申し訳なく思いつつも、ご飯とおかずを一口ずつは残す。1週間に1時間は運動をするなど。
努力(?)が実って体重が2kg減った。「な〜んだ、減量なんて簡単じゃん。」と思って油断したら、すぐに1kg戻ってしまった。体重を2kg減らすのに2週間かかるが、一食だけで1kg戻るようだ。現在は1ヶ月前から2kg減ったが、ここから先には進まない。継続しないと元に戻るらしい。
 人間は痛い目に遭わないと変わらない。健康は失って初めてそのありがたさを知る。軽い痛風でこれだけ学べれば安いものである。痛風に感謝!?
posted by 藤本祐司事務所 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのショートトーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

4月19日:休暇のあり方検討PT開催

 社会構造が変化し、人々の働き方や生活様式、価値観が多様化してきているにも関わらず、わが国の年次有休休暇取得率は、平成5年をピークに未だ50%を下回った状態が続いています。
 過去の調査によれば、有給休暇の完全取得による経済効果は、約12兆円、150万人の雇用効果が生まれるとの試算がされています。また、政府の成長戦略会議では地域の活性化と雇用創出を目的とした方策として、休暇の分散化が検討されてきました。
 こうした経緯を踏まえ、わが国の経済成長につながる、時代に適合した新たな休暇制度を検討することを目的として『経済需要の拡大と雇用機会の創出に向けた休暇のあり方検討PT(略称:休暇のあり方検討PT)』を設置しました(私は事務局長です)。
 本日は、第1回のPT会議であり、厚生労働省や内閣府等省庁より、働き方の現状や休暇取得の現状、休日・休暇の法制度等についてお聞きしました。今後、定期的に会議を開催し、6月中旬を目途に休暇のあり方の提言をとりまとめていく予定です。
CIMG0416.JPG
挨拶する座長(辻元清美衆議院議員)
CIMG0417.JPG
会議を進める藤本
posted by 藤本祐司事務所 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: フォトライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。