blog_ml_bnr.jpg

2012年04月18日

vol. 146 過去の概念と決別する時

 「必要は発明の母」と言われる。必要性が高まれば高まるほど新たな発明の可能性が高まるということだ。IT技術の進歩とITの日常生活への浸透をみると、まさしく「必要は発明の母」であることを感じる。私が子どもの頃、腕時計のような、今で言うコンピュータを使って映像付きで通信や電話ができるアニメがあった。スマホやタブレットPCの登場で空想が現実のものになりつつある。

 原発の再稼働が社会問題になっている。そもそも原子力発電も「必要は発明の母」の結果生まれたものであろう。原発が稼働しなくなったら産業界に大打撃を与え、日常生活を送れなくなると言う。今すぐに原発に替わる電力は見つからないことを考えれば、それは本当だろう。しかし、何年か経てば原発なしでもなんとかなるという期待を捨てることはできない。人口は減り、産業構造も変わり、省エネ技術が高まるから電力需要が小さくなる。原発を一旦稼働させたとしても、例えば10年後とか20年後には原発がゼロになっても生活に困らないかもしれない。
 私は科学者でも専門家でもないので、その可能性がどの程度高いか低いかはわからない。ただ、これまでの人間の科学技術の目覚ましい進歩をみると、何年か後の原発なしの生活はあながち夢の世界とは思えない。
 福井県の大飯原発の再稼働の是非を巡って議論しているうちに、複数の企業は自家発電設備の投資を検討し始めた。年々自家発電設備の性能は良くなるだろう。また、昨年の東京電力の計画停電の際には企業自らが輪番操業を取り入れた。経済のグローバル化の状況を考えると、日本国内だけで生産活動が完結できなくなっているのだから、輪番操業や休日操業・平日休業も特別なことでなくなるかもしれない。
 さらに今年は家庭用扇風機がバージョンアップしている。形もスタイリッシュになり、温度を関知して風力を自動制御する扇風機や、夜間電力で蓄電して半日以上も電気なしで持続する扇風機などが次々に販売されている。昨年、品不足に陥って急いで扇風機を購入した人が「今年まで待てば良かった」と残念がるほどわずか1年でめまぐるしく進歩している。まさに「必要は発明の母」である。
 生き残る企業は柔軟だ。「過去の概念で現在を語る者は決して未来を築くことはできない」とチャーチルは言った。東日本大震災は、「過去の概念を捨てよ」と私たちに教えているように思う(2012年4月18日)。
posted by 藤本祐司事務所 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

2012藤本祐司と愉快な仲間たち 参地ネットin静岡 を開催いたしました。

3月25日に「2012藤本祐司と愉快な仲間たち 参地ネットin 静岡」を開催いたしました。

今回は、2004年参議院選挙・選挙区初当選の同期議員6名がゲストとして駆けつけてくれました。
芝博一議員、足立信也議員、水岡俊一議員、林久美子議員、広田一議員、蓮舫議員、それぞれに専門分野をもつ信頼できる仲間たちです。
会には県内各地から約400人の皆様にご出席いただき、一部のトークショー、二部の懇親会ともに大いに盛り上がりました。
多くの皆様に支えられ活動させていただいていることを改めて実感いたしました。
お忙しい中をご出席いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 20120325藤本祐司と愉快な仲間達 018.jpg CIMG0378.JPG


posted by 藤本祐司事務所 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: フォトライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

第15回民主党静岡県連定期大会を開催いたしました。

3月3日、静岡市内にて、民主党静岡県連定期大会を開催いたしました。

党本部から、樽床伸二幹事長代行にお越しいただき、国会の現状と課題について基調講演をいただきました。

 RIMG0043.JPG

この定期大会での役員交代によって、藤本祐司は、県連会長に就任いたしました。
国も県も厳しい政治運営が続きますが、県内所属議員一丸となって頑張ってまいります。

 120303 第15回県連大会 035.jpg
右から藤本、三ツ谷金秋副会長、高田泰久副会長、佐野愛子副会長。

その他の新役員
幹事長・林芳久仁県議、副幹事長・橋本一実県議、副幹事長・丸井通晴浜松市議、政策調査会長・小長井由雄県議、政策調査副会長・田中照彦浜松市議、選挙対策委員長・岡本護県議が就任いたしました。
posted by 藤本祐司事務所 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: フォトライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

vol.145 休暇のあり方を考える

 3月3日は、五節句の一つ、「桃の節句」です。元々は健康と厄除を願う「上巳(じょうし)の節句」に由来すると言われています。唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目を「節」と言い、この中国の暦法と日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになりました。これを「節句」と言うようになったということです。節句制度は、江戸時代に始まり、明治6年にその制度は廃止されましたが、今も年中行事の一環で定着しています。現在、日本の祝日法では五節句の中で祝日(休日)は5月5日の端午の節句(子どもの日)だけです。ちなみに3月3日と5月5日と7月7日(七夕の節句)は同じ曜日です。今年はいずれも土曜です。
 さて、日本の祝日は15日あります。アメリカは12日、フランスは11日、ドイツが9日、イギリスが10日、韓国は10日と日本の祝日は他国と比べ多いようです。ようやく日本でも、ワークライフバランスという言葉が広がってきました。しかし、依然として有給休暇取得率は上がらず、平成5年をピークに50%に満たない低位傾向が続いています。お上から強制的に休みを与えられなければ、自分から率先して休みを取らない、いかにも“自立できない日本人”的な祝日の多さと有給休暇取得率の低さです。
 有給休暇取得率が100%のフランスの有給休暇法の成立は1936年に遡ります。労働時間の短縮による労働者の権利行使の一つの手段として制定された有給休暇法は、やがて女性の社会進出、さらには経済振興と失業対策のためのワークシェアリングという側面を反映するようになりました。つまり、休暇は、労働者の生活を豊かにし、労働生産性を向上させるだけでなく、経済や雇用対策面での効果を及ぼしているのです。

 わが国では政権交代を期に、財政出動が少ないが経済効果が高い観光(ツーリズム)が成長戦略の1つの柱として位置づけられ、休暇改革の必要性がうたわれました。観光需要を拡大するには実質的な所得を上げることに加え、自由時間の選択の幅を拡大する必要があることから、休暇改革の必要性が示されたのです。
 ツーリズム先進国である欧州、特にフランスには、休暇制度に関して、わが国と全く異なる特徴があります。その1つが長期休暇制度(休暇付与の義務つき有給休暇制度やサバティカル休暇等)であり、もう1つが国を3つのゾーンに分割して休暇をずらして取得し、観光需要を平準化する休日の分散システムです。この休暇システムを先導しているのはフランスでは教育省です。つまり、子どもたちの学習能力を上げるために休暇が果たす役割、特に親と一緒に旅行を楽しむことの大切さを意識しての制度でもあります。
 わが国も産業構造が変化し、付加価値の高いサービス産業に従事する人口割合が高まるに連れ、日本人の働き方や生活様式さらには価値観が大きく変わりつつあります。今後成長するであろうサービス産業や、さらには人材育成の面からも子どもの教育をベースに休暇のあり方や制度を考えることが肝要です。将来に向けて時代にマッチした新たな休暇制度を検討するために、民主党は「休暇のあり方検討PT」を3月中旬に立ち上げる予定です。(2012年3月2日)。
posted by 藤本祐司事務所 at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: 藤本ゆうじのホンネ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

2月23日:『富士山の世界文化遺産登録推進議員連盟』設立総会

 富士山の世界遺産登録については、2005年に中曽根康弘氏を会長とする「富士山を世界遺産にする国民会議」発足後、静岡県と山梨県を中心に登録に向けて活発な活動が進められてきました。本年1月27日、文化庁・環境省・林野庁が共同で世界遺産委員会に対して推薦書を正式に提出し、今後、国際非政府機関における約1年半の審査を経て、2013年夏頃には登録の可否が決定される見込みとなっています。
 世界遺産登録の可否については、地元住民や関係者の参画レベルの高さも判断基準の重要な要素であることから、本日、富士山の日(2月23日)に超党派で「富士山の世界文化遺産登録推進議員連盟(仮称)」を設立し、その設立総会を開催しました。
CIMG0231.JPG
小沢鋭仁衆議院議員(会長あいさつ)

0223富士山議連A.JPG
藤本(幹事長あいさつ)
posted by 藤本祐司事務所 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ::: フォトライブラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。